HFデスクトップのエントリーモデル! 遠くから飛んでくる電波を捉まえたい! 150kHz〜35MHzをSSB(U/L)/CW(U/L)/AM/FMモードで受信。

さらにIQ信号と検波信号の出力ポートをリアパネルに装備しており、フリーウエアのSDRソフトを使えばECSS(exalted carrier selectable sideband方式での自動同期AM受信)受信やフィルタ帯域を調整してノイズや混信を避け、さらに受信中の帯域周辺を録音して後から受信し直すようなことまでできるようになります。

(ディスプレイには30KHzから表示しますが150KHz以下の長波帯は定格保証外の性能です。

) 長波のNDB航空標識信号やAM放送、中波のラジオ放送・灯台・海上交通放送・NAVTEX(船舶向け文字データ安全情報放送)、短波のアマチュア無線・海外放送・船舶・航空無線・気象FAXや航空機データ通信のデコード・海岸局や海上保安庁の通信といった、V/UHFでは聞くことができない多彩な受信をリーズナブルな価格の DX-R8 で楽しめます。

デュアルVFO搭載、2つの周波数を切り替えて交互にワッチすることが手軽にできます。

フロントパネルセパレーション式のボディは240(w)×94(h)×255(d) mm 、スピーカーやイヤホンジャックはフロント側に搭載しているので延長ケーブルEDS−17(5m、オプション販売)を装着するだけの手軽さです。

重量は約4.1Kgとコンパクトで下部に折りたたみ式スタンドが標準付属、市販の吊り手やモービルブラケットが使えるビス穴も付いており、ノイズの少ない郊外へ出向いての移動ワッチやモービル受信時のフットワークも軽快になります。

 (写真はEDC-17を使ったフロントパネルセパレーションとDM-305MV安定化電源) 7桁英数記号表示が可能な600chメモリー(200ch x 3バンク)とモード毎に設定可能な周波数ステップを採用しました。

±1ppmの周波数安定度、オーディオ出力2W,優れた選択度と受信感度、IFシフトとRIT機能など、通信型受信機と互角の性能を持ちながら、リーズナブルな価格を実現しました。

(DX-SR8や他の通信機と同期させてのトランシーブ操作はできません) ナローSSB(1.0KHz)/CWオーディオフィルター(500Hz)、スケルチ、RFゲイン調整、ミュート端子、ダイヤルロックとキーロック、RXランプ、オートパワーオフ、スリープタイマーetc...快適なリスニングに欠かせない機能はすべて網羅しています。

付属品 DCケーブル EDC-37 (DX-R8 には電源は付属していません) オプション アクセサリー セパレートキット EDS-17 安定化電源 DM-305MV モービル用DCケーブル EDC-36 PC接続ケーブル ERW-7 DX-R8 定格 周波数範囲 0.150 〜34.99999MHz 電波型式 J3E(LSB,USB),A1A(CW),A3E(AM),F3E(FM) アンテナ端子 50Ω/M型 電源電圧 DC 13.8V±15% 接地方式 マイナス接地 消費電流 最大 約1.0A(待ち受け時 約0.7A) 周波数安定度 ±1PPM以内(-10℃〜+60℃) 寸法(突起物除く) W×H×D 240×94×255mm 重 量 約4.1kg 受信方式 ダブルコンバージョン・スーパーヘテロダイン 選択度 SSB/CW/AM 2.4KHz(−6dB) / 4.7KHz(-60dB) FM 8KHz(−6db) / 30KHz(−50db) 低周波出力(10%歪) 2W以上(8Ω負荷)   【特典】 MP-BNCJ 変換コネクタを付属! 受信アンテナ 303WA-2 や SA7000 を DX-R8のアンテナ入力端子に接続できるようにBNCプラグに対応する「MP-BNCJ」コネクタを1ヶ付属しています。

MP-BNCJ 変換コネクタの単品販売は、こちら

レビュー件数2
レビュー平均5.0
ショップ アペックスラジオ
税込価格 49,140円

レシーバー 関連ツイート